付箋ノートが使いやすい

もともと文房具好きでノートに書くとか大好きです。

最近は普通のノートに時系列に書くとかしていたのですが、
付箋ノートを使い始めました。

付箋ノートとは、ただ「付箋に書いてノートに貼る」というだけの簡単なノート。

じゃあノートに書けばいいじゃん。って感じなのですが、
やってみるとこれが普通に書くのとはちょっと違います。

まずは小さな付箋に書くことで、自動的にブロック化できているということ。
1つの付箋に1つの情報が書いてあるということは思った以上に見やすいです。

もう一つは移動が簡単なこと。
特にタスクや流動的な予定があったときには、
付箋が非常に役に立ちます。

 

私はカレンダーに小さな付箋をぺたぺたしてます。

その日にやることもそうですが、
GTD的にやることを付箋に書き出して、それをやる週に貼ります。

仕事の場合は土日が休みなので、土日の欄を使うとうまく収まるのです。

プライベートの手帳に関してもこれを使うようにしていて、
やりたいことを付箋に書きまくっていますw
書いたけどこれはやりたいこととはちょっと違うというときにも
すぐに剥がせるので、ノートも汚れません!

付箋といえばポストイット。
一番品質がよいと思うのですが、大量に使うので私は100均のものを使っていますw

はがすことも多いですし、ノート自体をそんなにハードに使わないので
はがれやすいということも無いので十分です。

また、その貼り付けるノートもツイストリングノートを使っているので、
もし糊でべたついてしまったら違うページを使えばOK!

いつでもきれいに使えて便利だな~と再認識しました!

 

仕事用のツイストリングB6も手に入れたので
しばらくはこの使い方に落ち着きそうです。

最強のノートはツイストリングノートかもしれない

LIHIT.LABのツイストリングはご存知だろうか。

一見、リングノートのようだけど、リングが外れてルーズリーフのように
用紙を入れ替えることができる優れもの。

どのサイズが一番使いやすいか迷ったのでとりあえず一通り買いましたw

ツイストリングB6サイズ

PCと同じ机で使うときは、おきやすいB6サイズが好きだったりします。
最近はA5、A6の規格が一般的になりつつありますが、
まだまだB規格も残っていてほしい・・・!

モノをたくさん書くときには、A4サイズかB5サイズがいいんだけど
机の上では邪魔になることも多いんですよね。

それと個人的にはビジネス書とかと同じサイズのB6サイズが
持ちやすいというのもあるのかなと。

そしたら今日、B6サイズのツイストリングのスケジュールが
売っているではありませんか。

ファイル 2015-11-07 16 11 56

そりゃ、思わず買うでしょう。

かわいいペンギン柄。

ノートだと何から書き始めたらいいかわからなくなっちゃったり
するんですよね。
なんたってページが入れ替えられないので、
ちゃんとした順番で書かないとーとか思っちゃうんですよ。

なのでこのツイストリングノートは、
今、私の中では最強ノートなのです。