さかなクンってサックス吹けたんだ!

たまたまテレビを観てて、東京スカパラダイスオーケストラとコラボやってた。びっくり。さかなクンってサックス吹けたんだ。。。

そしてこの記事を書くまで、「さかなくん」の「クン」のほうがカタカナだったことに今更気づきました。

なんかカタカナが入るような気がしたんですよね。
かなり曖昧に覚えていたようです。

さかなクンって何でもできるイメージなんですよね。
さかなも詳しいし、教えるのも上手いし、しゃべりも上手だし。
何よりあれだけ魚のことが詳しいのに、魚を食べるのが好きというところも好き。

尊敬する有名人の一人です。

せっかく初音ミクの名前が出たので

初音ミク歴の浅い私から、お気に入りのボーカロイド曲を紹介。

いきなりミクじゃないwww

歌詞はかなりやんでますが、曲はかっこいい。
これを−3くらいのキーでカラオケで歌うのが好き。
(だいたいは引かれるので、理解ある人と行った時のみおすすめします)

 

次はこれ!「マトショシカ」と「ドーナツホール」

同じ「ハチ」という方が作ってます。
この人の世界観好き。今はボーカロイドだけではなく、マルチに活躍しているらしいですよ。

「ドーナツホール」はしばらく頭を離れなかったなー
歌詞も好きでね。
でも「バイバイもう永遠に会えないね」ってところがあって、なんとも切ない気持ちになるのです。

 

最後はやっぱりこれでしょう。
「ハッピーシンセサイザ」

この曲は最高にハッピーな気分にさせてくれるので、元気のないときに聴いたりします。

・・・あれ?これもミクじゃないやw

声としてはGUMIの方が好きだったりするんですよねー

では、また!

オールナイトニッポンのジングルが初音ミク?

なんかまたジングルの話ですみませんw

何を思ってか、久々にオールナイトニッポンを聴いたんですよ。10年以上振りかもしれない。

ラジオって久々だなー。
デフォルトで「聴くだけ」でいいって、なんかいいかも。
(TVだと映像+音声のものを音声のみで聴くことになるし、youtubeとかの動画もそう。映像とセットじゃないと完結しないから)

そうしたら、なんだか聞き覚えのある声がするではないですか。

答えタイトルに書いちゃってるんだけれども!

そう、ミクさんがしゃべってるわ!
ラジオ界にも進出していたのか…

私はボーカロイドデビューが遅かったので、まだまだ聴いてます。なので、ミクさんの声が聞こえちゃった日にはテンションが上がってしまったじゃないですか。

こんな時間なのにね!

 

そんな素敵な出会いをしたので、ラジオをもうちょっと聴いてみようかなーと思った私でした。

ちなみに、一押しのラジオは

http://www.tfm.co.jp/abe/index_pc.php

「あ、安部礼司」です。まぎれもないタイトルです。

面白いです。あの茶番を聴くとほっとするw

ホリエモンチャンネルのジングルってヒカキンさんが作ってたのね。

ホリエモンは好き嫌い分かれますね。
個人的な見解ですが。

周りも、好きな人はすごく好きというし、
嫌いな人はすごく嫌いという人が多い気がします。
真ん中の人がいないというか。

だからこそのカリスマ性なのかもしれないですね。

まあそんなことはさておき。

ホリエモンチャンネルをちょこちょこ見るのですが、このジングルってあのヒカキンさんが作ってるんですよね。
最新の映像がこちら。

 

タスク管理か・・・
興味あるわ。

 

と思ってみたら、なんとその場で管理する…だと…

そりゃあそうすれば管理すらしなくてもいいよな…

自分の仕事も無駄があるのかもしれんのぉ。

除光液が苦手??だったらエテュセのクイックケアコートがおすすめ!

どうも。ネイルがきれいな人に憧れるものの、爪を伸ばすのも、除光液を頻繁に使うのも苦手な私です。

今日はエテュセの「クイックケアコート」をご紹介します。
私はたまたま入った雑貨屋さんで見つけて、即買いしましたw

このエテュセのクイックケアコートですが、

素爪でいるより、爪にいい
リムーバーいらずで重ねぬりするだけ!

という売り文句!

これは除光液が苦手で、何度もマニキュアを塗り直すのが嫌な私にも使えるのではないか!と思い、使ってみたのです。

現在、1ヶ月くらい使ってみてますが、結構快適。

マニキュアというよりは、ほんと爪磨きをしたような感じなので、ナチュラルが好きな人には合うかも。
バリバリ色をつけたい人にはおすすめしませんw
下地になら使えるかもだけど。

単体で使ってみると、マニキュアよりも保ちは悪いと思います。気づいたら所々剥げている…
しかしそれを補ってあまりある「重ね塗りするだけ!」という謳い文句!

3〜4日経って、なんか剥げてきたかなーと思ったら重ね塗り。
また数日経って重ね塗りを繰り返しておりますが、特に不自由することもなく、ナチュラルな爪磨き風のきれいさを保っております!

ナチュラル派の人、私と同じように除光液が苦手な人、おすすめの商品です!
公式サイトはこちら→http://www.ettusais.co.jp/fs/etweb/04526/

「ドラゴンクエストダイの大冒険」を読み直しました。

久々に読みたくなって、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」を読み直しました。
ちょっと前に全話無料キャンペーンをやってたみたいなんですが、見逃したんですよ!!!くそぅ・・・

私は買いなおすかどうしようか迷ったんですけど、やっぱり部屋にモノは増やしたくないし、電子書籍で定価で買うのもしんどいし・・・(ごめんなさい)ということで、漫画喫茶で読んできました!

約10時間くらいかかったよ!

途中、続きが気になって読みふけっていたのですが、さすがに30巻あたりからつらくなってきて・・・でもここまで来たら最後まで読むか!と思って頑張りました。

 

実際、読み直してみると全然覚えていないものですね。

おぼろげにマァムが氷の塔に「まるで百舌のはやにえのようにな!」と串刺しにされそうになったところでかっこよく登場したヒュンケルしか覚えてなかったんですけど、もっといいシーンはたくさんありました。

そして串刺しにしようとした敵の名前さえ覚えていなかったのですが、フレイザードでした。

大人になってから読むとまた違うものですね。
やっぱりポップのかっこよさが際立つw

もともと弱かったものが、成長していくところを見るのは、王道だろうと何だろうと感動しますわ。

きっと大人になって、自分が主人公みたいなチート能力はないと気づいたときに、ポップみたいにもともと弱いものが強くなっていく過程に自分の姿を重ねるんだろうなぁ・・・

あとハドラーな。
最初は正直クソみたいなやつなのに、何か最後かっこよくなっていく。
この人(?)もこの漫画の中で精神的に成長した人の一人なんだろうなあ・・・

 

何か書けば書くほど年齢がばれるようですが。
まだ読んでいない人!昔の漫画だからと毛嫌いせずに読んでみたらいいよ!
ちょうどドラゴンクエスト30周年だしね!

 

※文庫版も出てるけど、やっぱりこっちでしょう!

 

「水鏡推理」を読みました。

久々の小説です。
小説は人の名前が覚えられず、難しい印象だったのでw

この「水鏡推理」は3巻目が発売されたらしい、ということと、有名な松岡圭祐さんの小説をまだ1度も読んだことがなかったことから、ちょっと読んでみようかな?と思いたったのです。

まあ、読むなら1巻からかな、とまずは1巻目を読みました。

小説ということもあり、何日かに分けて読むつもりでいたのですが、文章も読みやすく、展開も速く、すらすらと読めてしまいました。
続きが気になって読むのを止められなかったという言い方もできるw

物語の細かい概要はAmazonさんにお任せするとして。

なんといっても面白いのは、主人公「文科省ヒラ一般職事務官・水鏡瑞希」の不正を暴いていくその過程なのですが、私が感じたところはそこだけじゃなかったー

完全に先入観なのですが、こういった不正を暴いていく主人公って「不正を許せない正義感の強い、心の強い人間」というイメージだったんですね。
特にテレビ、漫画でみてると、まっすぐぶれないイメージでしか描かれていないのです。
(というか描けないのですが)

それが小説だと、水鏡瑞希の心情が細かく描かれていて、こういう不正を許せない正義感の強い主人公でも悩んだりすることもあるんだ!というのが正直新たな発見でした。

あーこういうところが「小説」の面白いところか!

と最近漫画しか読んでいない私は反省したのでした。

 

もうちょっと落ち着いたら2巻も読んでみるよー

ようやく光がつながったよーーーー!!

こんなにネットがある生活が快適だったとは・・・!

と驚愕しております。

といっても、もともとネットヘビーユーザーなので、グーグル先生はもちろん、youtubeやニコニコ、huluといった動画サービスも使っていましたし、ネットラジオやpodcastも使っていたのです。

更にスマホで色んなゲームをし、電子書籍を読み・・・という生活をしていたもので、かなりネットに頼っておりましたね。

そんな中、ネットがつながらないと、そのすべてのサービスが使えなくて困っていたのです。
スマホでもabemaみたいな動画サービスも出てきているのに、一向に使えなかったのです。

それがそれが!

そんな生活も今日でおしまい!ブログも更新し放題(できるかは別として・・・)なのですよ!

 

みなさんもせっかくネットにつながってるなら、いろんなサービスをオンラインにするとミニマリスト的な生活ができるのでオススメです。

ただし、デジタルデータは多くなるのでご注意を!

今も続いているミニマリスト的行動

仰々しく書きましたが、そんなすごいことではありません。

以前トライしていたミニマリスト的行動が今も続いていますよって話です。

引っ越しをして止めたこと2つ

ここで書いていたのですが、引っ越しをしてからトイレのタオルをなくしました。
トイレの中ではなく、洗面所で手を洗うようにしたからです。

この習慣は当たりだなーと思って今もずっと続いています。
トイレの水道部分があまり汚れなく、掃除回数が少なくて済んでいます。
水垢とかもできないし。

水通部分から直接タンクに水が流れるので、水が溜まらないんですよね。
洗面所がない一人暮らしの方とかはちょっと難しいですが、洗面所がある家に済んでいる方にはおすすめしますよー