ミュージカル「王家の紋章」を観てきました

実際に観たことがあるミュージカルは、いままで劇団四季くらいしかだったのですが、これはいわゆる2.5次元というやつですね。2.5次元の定義とは?という話にもなりそうですが。。。わたしの中ではマンガ原作のミュージカルとしておこう。

http://www.tohostage.com/ouke/

総じていうとすごく良かったですね。ちょっとなめてました。ストーリーも王家の紋章の原作を実は読んでなかったのですが、HP上のあらすじを読んでおくだけで全然大丈夫でした!

欲を言うならヒロインの方の歌唱力と演技力がもうちょっと欲しかった気はしましたが、ミュージカルとしてすごくおもしろかったし、演出なんかも結構凝ってたなーと感じました。それこそ劇団四季のミュージカルと比べると、ちょっと質が落ちるのかな?と思っていたんです(すいません)でも、そんなことなかったですね。マンガを原作かどうかを抜きにしてもいいミュージカルだったと思います。

他のミュージカルってどうなんですかね?

あんまり他のミュージカルを見たことがないので、何が普通かはわからないですが、見ようかどうか迷っている人は観てみるのがいいと思います!

アイシス役の濱田 めぐみさんの歌を聴くだけでもかなりの価値がありますぞ!

マンガワンで面白いマンガを見つけたのでご紹介。

先日マンガワンで「ヘルク」や「モブサイコ」が面白いという記事をだしたばかりなのですが、また面白いマンガを見つけたのでご紹介。

それは「市場クロガネは稼ぎたい」というマンガです。

タイトルからわかるように、稼ぐマンガですが、その舞台が学校という設定が経済マンガのとっつきにくさを無くしてくれています。

ストーリーは「稼ぐ」ことが評価のすべてである学校に入学した市場クロガネという主人公とその周りの学生の「稼ぐ」までのストーリーや成長を描いているマンガ。株の話が出てきたり、買収の話が出てきたりと難しそうなテーマを扱う割に、出てくるキャラのおかげか、その内容がよくわかる!

ちなみに私は経済は苦手で、よくわからない方です。。。

そんなわたしが面白いという感じれるのだから、多くの人にも読みやすいはずw

アプリは無料ですので、気が向いたら是非読んでみてくださいー

ちなみにわたしはヘルクとかは最新話まで読んじゃったので、他の面白いマンガを探し中です!「市場クロガネは稼ぎたい」もあとちょっとで最新話までいっちゃうなー

マンガワンいいね!

マンガ系のアプリは結局コンテンツ力だよね。どれだけ面白い作品が揃ってるかどうかで、売り上げも変わってくるんだろうな〜

ということで、最近(今更ともいう)読んだマンガワンというアプリをご紹介。

このアプリではONE先生のモブサイコが読めるだけで称賛に値する。マジで。とにかく読め。最高に面白いから。

以上。
というのは少々乱暴なので、もうちょっと説明すると、ジャンプ(だったかな?)読んでる人なら、ワンパンマンの原作者と言った方がわかりやすいのかな?あれもすげー面白いからね。さいたまと顔のパーツは一緒だけどね。

人間の心情を突くのがとても上手いのです。
その他にも面白い漫画があるので、「ヘルク」と「銀狼ブラッドボーン」と「ヒトクイ」をご紹介。

ヘルクはこちら

http://urasunday.com/helck/

なんたって話が面白い。

そして「こんにちは!」ピウイのキャラの破壊力がすごいよ。「こんにちは!」可愛すぎる!

マンガワンで読むとピウイのかわいいイラストなんかももらえちゃいます。

※ピウイは主人公ではありません。

ギャグとシリアスさがちょうどいいバランスだと思います。感動シーンも色々あるので注目です。
そして、銀狼ブラッドボーンはこちら

http://www.urasunday.com/bloodbone/

これ、私、マンガワンで載ってるって知らないで、単行本買ってますw

主人公のおっさんがめちゃくちゃカッコいい!!って前に記事書いた記憶がよみがえってきたぜ。

少なくてもおっさん萌えな人は抑えておくべきマンガ。
最後にヒトクイ。

http://urasunday.com/hitokui_origin/

もともとはwebマンガで、それを商業誌化したようです。まだまだ話は謎が多く、中盤にも差し掛かってない印象ですが、人との駆け引きが楽しめるマンガです。
ということで、3つご紹介しました。マンガ系のアプリでは、時間で課金や話数で課金っていうビジネスモデルがおおく、マンガワンも話数での課金となります。

時間で回復しますが、一気に読みたくなっちゃうんですよね。そこがちょっともどかしいですが、一応無料で全部読めますよ!
では素敵な漫画ライフを!

「ドラゴンクエストダイの大冒険」を読み直しました。

久々に読みたくなって、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」を読み直しました。
ちょっと前に全話無料キャンペーンをやってたみたいなんですが、見逃したんですよ!!!くそぅ・・・

私は買いなおすかどうしようか迷ったんですけど、やっぱり部屋にモノは増やしたくないし、電子書籍で定価で買うのもしんどいし・・・(ごめんなさい)ということで、漫画喫茶で読んできました!

約10時間くらいかかったよ!

途中、続きが気になって読みふけっていたのですが、さすがに30巻あたりからつらくなってきて・・・でもここまで来たら最後まで読むか!と思って頑張りました。

 

実際、読み直してみると全然覚えていないものですね。

おぼろげにマァムが氷の塔に「まるで百舌のはやにえのようにな!」と串刺しにされそうになったところでかっこよく登場したヒュンケルしか覚えてなかったんですけど、もっといいシーンはたくさんありました。

そして串刺しにしようとした敵の名前さえ覚えていなかったのですが、フレイザードでした。

大人になってから読むとまた違うものですね。
やっぱりポップのかっこよさが際立つw

もともと弱かったものが、成長していくところを見るのは、王道だろうと何だろうと感動しますわ。

きっと大人になって、自分が主人公みたいなチート能力はないと気づいたときに、ポップみたいにもともと弱いものが強くなっていく過程に自分の姿を重ねるんだろうなぁ・・・

あとハドラーな。
最初は正直クソみたいなやつなのに、何か最後かっこよくなっていく。
この人(?)もこの漫画の中で精神的に成長した人の一人なんだろうなあ・・・

 

何か書けば書くほど年齢がばれるようですが。
まだ読んでいない人!昔の漫画だからと毛嫌いせずに読んでみたらいいよ!
ちょうどドラゴンクエスト30周年だしね!

 

※文庫版も出てるけど、やっぱりこっちでしょう!

 

「賭ケグルイ」は賭け事が好きじゃない人にも面白い賭け事マンガ

久しぶりに本屋を覗いたら、「賭ケグルイ」の新刊が出てるではありませんか!
「賭ケグルイ」とは月刊ガンガンJOKERで連載しているマンガで、原作:河本ほむらさん、作画:尚村透さんが描かれています。

もう尚村さんが描く主人公、夢子の表情がたまらないでしょう???
1巻目からついジャケ買いしたマンガでした。

絵はとてもきれいなで読みやすいと思います。
が、クライマックスになればなるほど、夢子の恍惚とした表情がたまらない!
ぞくっとしますね、あの表情は。

追いつめられる方の絶望した表情もたまらなく、奥底の感情を見事に表情で現していると思います。
私はそんな夢子ちゃんたちを見たくてつい買ってしまうのです。

もちろん内容も面白いです。
賭け事マンガって「カイジ」とか「嘘喰い」のような生臭い感じのドロドロした感じをイメージしていたのですが、舞台が高校であることもあり、この2作品とはまたちがったさっぱりとしたドロドロ感なので、カイジのような賭け事マンガがダメな人でも読めると思います。

こちらで立ち読みできますので、興味があるかたはぜひ!
http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/series/kakegurui/

最新刊はこちら

最新刊は、前巻と比べ、1巻、2巻の勢いが戻って来たように思います。
夢子を含め、登場人物の表情がまた見物。

人間の奥底の感情が吹き出したような表情を見る度にこちらが滾ってしまいそうです!

ちなみに、先ほどご紹介したカイジと嘘食いはこんな感じ↓
 

実はカイジは苦手なのですが(汗
嘘喰いは結構好きで、一気に読んだ記憶があります。
途中から難しくなって来ちゃって、賭け事のルールが頭に入ってこなかったのですがw

またよみたいなー