狭い部屋に住めば、自然と物が少なくなるというのは本当

そりゃそうだ、という話ですが。

ミニマリストを目指す皆さんには狭い部屋に住むことで強制的にミニマリストに近づいていきますよという話です。

そりゃものをしまう場所がないわけですから当然なのですが、狭い部屋だと大きなものは買えず、何かを買う時には何かと引き換えにせざるをえないことも多々あるものです。

引っ越し。。。となるとすぐにはできないかもしれないですが、考えている人は、考えているよりも少し狭い部屋に住むと自分のもっているものの多さがすげぇわかりますw

わかりたくなかったことまで。

でもねぇ一つ注意しないといけないことがあるんですよ。

それはミニマリストの本来の意味や目的を忘れてしまいがちになるってことですよね。

つまりは、ミニマリストってもともと、いろんな煩わしいものがあってそれを捨てていくスタイルのことを指すと思うんですよ。でも「ミニマリスト」という言葉だけが先行してしまって、本当は自分に必要なものまで捨てたりなくしたりしていませんか?ってことなんですよね。

行き過ぎる人たちがいるからこそ「ミニマリスト」という言葉がこんなに浸透したんだと思いますが、生活の不便や健康を犠牲にしてまでするものではないですよ。

体は資本です。

なので、生活してて腰が痛い、とか何かがダメなわけですよ。(自分のことか!って話ですが)

改めて生活習慣を見直してみようと思った今日この頃でした。

 

コメントを残す