「賭ケグルイ」は賭け事が好きじゃない人にも面白い賭け事マンガ

久しぶりに本屋を覗いたら、「賭ケグルイ」の新刊が出てるではありませんか!
「賭ケグルイ」とは月刊ガンガンJOKERで連載しているマンガで、原作:河本ほむらさん、作画:尚村透さんが描かれています。

もう尚村さんが描く主人公、夢子の表情がたまらないでしょう???
1巻目からついジャケ買いしたマンガでした。

絵はとてもきれいなで読みやすいと思います。
が、クライマックスになればなるほど、夢子の恍惚とした表情がたまらない!
ぞくっとしますね、あの表情は。

追いつめられる方の絶望した表情もたまらなく、奥底の感情を見事に表情で現していると思います。
私はそんな夢子ちゃんたちを見たくてつい買ってしまうのです。

もちろん内容も面白いです。
賭け事マンガって「カイジ」とか「嘘喰い」のような生臭い感じのドロドロした感じをイメージしていたのですが、舞台が高校であることもあり、この2作品とはまたちがったさっぱりとしたドロドロ感なので、カイジのような賭け事マンガがダメな人でも読めると思います。

こちらで立ち読みできますので、興味があるかたはぜひ!
http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/series/kakegurui/

最新刊はこちら

最新刊は、前巻と比べ、1巻、2巻の勢いが戻って来たように思います。
夢子を含め、登場人物の表情がまた見物。

人間の奥底の感情が吹き出したような表情を見る度にこちらが滾ってしまいそうです!

ちなみに、先ほどご紹介したカイジと嘘食いはこんな感じ↓
 

実はカイジは苦手なのですが(汗
嘘喰いは結構好きで、一気に読んだ記憶があります。
途中から難しくなって来ちゃって、賭け事のルールが頭に入ってこなかったのですがw

またよみたいなー

コメントを残す