本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書) を読みました。

スローリーディングに関するこちらの本を読みました。
スローリーディングとは速読の反対で、ゆっくりじっくりと本を読むこと。

今まで私は速読気味で、ぱぱっと読んでしまう傾向にありました。

速読しようと思ってしているわけではないのですが、どうも読むのが早いようです。読んだ内容を覚えていないわけではないのですが、確かに細かいところまで覚えていないなーと思うこともしばしば。

この本を読んで、「あー自分はちゃんとした意味で本を読んでいなかったんだな」と思いました。

特に印象に残ったのが、「一つの作品を深く読むことで思考の幅が広がる」という以下の内容でした。

昔の人は、現代に比べて多くの作品(や情報)に触れているわけではないし、触れる機会もなかったはず。
それでもすばらしい作品が残っているということは、大事なのは「量」ではないことだ。
(※原文ままではありません。)

これには確かに、と思いましたね。
1つのことにじっくりと取り組むことでわかることもあるんだろうな、と感じました。

何より、誰かと話した時に「私、○○って好きなんですよ。ここのセリフが〜〜で・・・」
といった話をしたい!と思ったので、私もスローリーディングに切り替えようと思います。

そういえば好きで好きで何度も読んでるマンガなんかは、熱く細かいところまで語れたりするもんなー

コメントを残す