引っ越しをして止めたこと2つ。

まだまだミニマリストにはほど遠い生活です。

 

が、止めたものもあります。

ちょうど止めてみて便利なものもあったのでご紹介します。

今のところ2点。

1.トイレで手を洗うのを止めてみました。
これは好き嫌いとかがあるかもしれないですが。
自分だけが使うので特に気になりません。
もちろん、手を洗わないわけではないですよ。
トイレのタンクにある水場で洗うのを止めたのです。
代わりに洗面台で洗うようにしました。

これで何がよかったかというと、トイレの水回りが汚れにくくなったということです。

手を洗うと当然ですが、周りに水がはねるわけです。
シンク部分(というのかな?)に水が付き、水垢だったりが発生するのですよね。

それがここで手を洗わないことで、ホコリにさえ気をつけておけば良くなりました。

 

2.洗面台で手を洗った時にフェイスタオルを使うのを止めました。

では何で拭いているのかというと、ハンドタオルです。

ハンドタオルは、やはりいざという時のために持っていなくてはいけないアイテムだと思うので捨てないです。
ただ、ふと手を洗った時に使うタオルをフェイスタオルにしなくても良いよな。と思いまして。

タオルをかける場所がないということもあるのですがね・・・

ハンドタオルを置いてみて使うようにしたのですが、十分ですね。
むしろすぐに洗濯できていい。
いつも清潔に使えるような気がします。

 

ということで、引っ越してから止めたもの2つでした。

コメント “引っ越しをして止めたこと2つ。

コメントを残す