万年筆が好きな方、筆圧が弱い方におすすめの油性ボールペンG−FREE

SAILOR(セーラー)さんから出ている「G-FREE」というボールペンがあります。

SAILORさんの公式HPはこちらから

このボールペンを見たのはもう数年前で、もう新商品とは言えないほどの時が経っているのですが…
最近改めて試筆しまして、それはもう良かったので布教すべく、レビューを書くことにしたのです!

実は数年前に手に取ったこともあるのですが、そのときは筆圧アジャスターという筆圧の強さによってスプリングが圧を吸収してくれるという部分のみ見ていて、軽く触っただけで、買わなくてもいいかな?という結論を出してしまっていた…セーラーさんごめんなさい。
今は、油性ボールペンの中で一番書きやすい!と豪語するほどになったので、その経緯をたっぷりと紹介していきたいと思います!

 

そもそも私はペンを斜めにして書く癖とペンのかなり上部を持つ癖があります。
どれくらい上部を持つかというと、グリップを超えて、クリップが邪魔だなと感じるくらい上部を持つのです。そうすると必然的に筆圧も弱くなるんですね。(上部を持つとペンに力を入れにくいのです)

ですが、この持ち方をしていると、シャープペンシルならいいのですが、ボールペンだと、紙に触れるところが、インクの出てくるペン先のボール部分を超えてしまい、引っかかって上手く書けないことが多いのです。

そのため、万年筆のように寝かせて書いても問題ないペンじゃないと書きにくさを感じてしまいます。

今まで書きやすいと思っていたのは

・万年筆
・VCORN

くらいでしょうか。(少ない!)

念のため言っておきますが、ちゃんとした持ち方をすれば書きやすいものはたくさんあるんですよ!どうしても上部を持つとペンが寝てしまうのです!

 

しかし、この2つ。キャップ式なんですよね。(ノック式の万年筆は高くて手が出ません!)

ですので、ノック式でこれくらい書きやすいものがあればいいのになあ・・・とずっとジプシーを繰り返してきたのです。

こんな私のようなタイプにG-FREEはドンピシャでした!
まずは「寝せても書ける!」
寝せても書ける油性ボールペンってなかなか少ないんですよ!
これにまずは衝撃でした。

しかも寝せて書いてもダマができない!

実はJETSTREAMの0.7であれば、寝せてもぎりぎり書けるのですが、ダマが多くなってしまい、使い勝手があまり良くないという欠点がありました。
それが、このG-FREEであれば、ダマもできない!なめらか!筆圧が弱いままでいい!という非の打ち所のないボールペンだったのです。

 

この書きやすさはもしかしたらペンではなく芯のほうかな?とも思ったのですが、アジャスターを固くすると書きにくくなってしまったので、筆圧アジャスターとインクの両方の効果みたいです。

 

なんで数年前にきづかなかったのかなぁ・・・数年を無駄にした気分・・・

 

ということで、G-FREEへの愛を綴ってきましたが、
私と同じようなペンを寝せて書くタイプの方、ぜひ使ってみてください!!

 

 

コメントを残す