年末年始に観た心動かされた漫画、アニメ、ドラマなど

年末年始の休みに、色々なものに触れる機会がありました。
その中で琴線に触れるものがいくつかあったので、ご紹介します。

■ドラマ「坊ちゃん」

二宮和也さん主演のスペシャルドラマですね。
あの超有名な夏目漱石の小説が原作です。

実は坊ちゃんを全部読んだことがないのですが…
そしてドラマも観る気が全然なかったのですが…

たまたまTVをつけた時にチャンネルがあっていて、
そこから目を離せなくなってしまいました。

何と言っても「嘘が嫌い」といって正直に生きる姿。

私事ですが、特に最近は、
もっと要領よく、自分の気持ちを抑えて、
適当に(いい意味で)話を合わせたりすることができれば、
もっと上手く生きられるのかなと思い悩むことも多かったので
勇気をもらえたドラマでした。

どこかで再放送とかするのかなあ・・・

「坊ちゃん」公式サイト(放送は終わっちゃってますが)

 

■マンガ「貧乏神が!」助野嘉昭

ジャンプSQ.の漫画です。
「貧乏神が!」
TVアニメでもやっていたようなのですが、そちらは観ていません。

実は、タイトルと表紙などから単なる逆マンガだと思っていました。
読み始めたのはBookLiveでやっていた無料お試しで1〜3巻まで読めたからでした。

ストーリーは、性格が最悪な女子高生が貧乏神に取りつかれたことによる成長のストーリーです。
はじめ3巻だけだったものの、成長のストーリーが秀逸。
何というか主人公と重なる部分もあるのかな。
貧乏神のいうことも結構ぐさっとくるところがあったり。

人間関係に自信がない人にこそ読んでほしいマンガです。

 

■アニメ「暗殺教室」

暗殺教室公式サイト

ネウロを描いていた松井優征さんのマンガですね。
ニコニコで一挙放送をやっていたので、アニメを観ました。
マンガは元々読んでいたので、ストーリーはわかっているのですが
やっぱりアニメになっていても面白いです。

殺せんせーを観るたびに「こんな先生に教わりたかった!」と思います。

一人一人の生徒にいろんな特徴があって、いろんな成長がある。
人ってそれぞれでいいんだと思わせてくれるストーリーがたくさんあります。

ネウロもそうですが、この人の描くマンガって面白いんですよね。

まだマンガを読んでいない人はマンガもオススメします!

 

こうしてみると、短い休みにいろんなもの観てますね。
ひとまず今日はここまで!

コメントを残す